By using our site you agree to the use of cookies. We use them to increase the quality of this site especially for you, they help us understand your needs (help us collect statistics), help our partners deliver the right content displayed on our website. To learn more about the cookies please click here.

cookies
noimage

キプロス城

  伝説によると海の泡から女神アフロディーテが生まれたとされる波打ちぎわをもち、幾世紀にも渡って様々な国の野望が入り乱れた、すばらしき島キプロス。ギリシャとペルシャ、ビザンチンと十字軍、ベネチアとオスマンが、戦によってこの島をその手に収め、要塞や城そして要塞化した修道院を建設しました。現在でも10以上の歴史的な城が生き残り、博物館としてこの地を休暇で訪れる膨大な観光客を惹きつけています。圧倒的な人気を誇るリマソール城は、リチャード獅子心王が自ら選んだ相手と城内で結婚式を挙げたことから、リチャード獅子心王の城として知られています。キレニア城はキレニア(トルコ語:ギルネ)の港町に造られた城で、キプロス北部において最も規模が大きく保存状態の良い城塞です。一方、聖ヒラリオンの城は、キレニア近郊の高い岩の上にそびえ立ち難攻不落の城として知られていました。パフォス城は、パフォス港の守りを固め、長い期間要塞や牢獄そして塩の貯蔵所としてその名を知られました。