By using our site you agree to the use of cookies. We use them to increase the quality of this site especially for you, they help us understand your needs (help us collect statistics), help our partners deliver the right content displayed on our website. To learn more about the cookies please click here.

cookies
noimage

モン·サン·ミッシェル

創性に富む、西欧建築の一大傑作、「西欧 の精華」とも言えるモン•サンミシェルは、フラン スが世界に誇る、異質な光を放つモニュメント. サイトの一つです。周囲約1キロ、80 メートルの 高さを持つこの岩の小島は、1879年に作られ て以来一度も水没したことのなtゝ堤防で入り 江に繋がれています。遠くから訪れる人々を 迎える千年の伝統が、今日に至るまで廃れる ことなく受け継がれ、月に2回見られる満潮時 の光景は、他に比類のない見物です。弓丨き潮 と満ち潮の落差がヨーロッパで最も大きいの がこの海です。

僧院

修道院の見学は、11世紀から16世紀 の歴史をテーマに、個人でまたはガイド と歴史記念物局の解説者の案内付き グループ見学で行われます。岩山を巡 る見学では、一世紀にわたって完成さ れた修道建築とその中で育まれてきた 修道生活をよりよく理解することができ ます。いくつかの建物は礼拝のために 修道会が専用で使用して(ゝます。

通り

1590年ガブリエル•デュ•ピュイにより 作られたバボル門から街に入り、街を 貫く唯一の道、ラ•クール•ド•ラバンセ を通ります。左側には、現在観光局と して使われている、町民護衛隊の館 (16世紀初頭)、右側は、「ミシュレット」 と呼ばれる、1434年に略奪した英国 の臼砲。次に大通りの城門(16世紀 後期)。銃眼と砲眼のある城塞外堡 に沿う大通り。落とし格子も見られる、 国王の門。そして、門の上には現在 区役所として使われている、国王の 住まVゝ。右手には、木の軸組を使った、 特徴ある建築様式のアーケードの家。 通りにまたがった、忍び返し付きの家。 警笛の家。11世紀に建築が始まり17 世紀に完成した(11,15,16,17世紀 建築様式の跡を見せる)小教区教会 とその洗礼盤、銀製聖ミカエル像、さら に通りにまたがる後陣。そして、この後、 広大な砂浜を望みながらの僧院に続 く石段グラン•ドゥグレの登攀が始まり ます。荘厳な石段は、正に「西欧の精 華」の導入部にふさわしt、ものです。

ガストロノミー

昔オムレツ、子羊のもも肉、入り江の魚 料理、シーフードなど地元自慢の料理 を並べて、ホテル•レストラン業もサン* ミシヱルの観光ルートにー昧加えます

おみやげ

この中世の街では、「西欧の精華」を 訪れた思tゝ出を求める見学者を迎える、 千年来受け継がれてきた中世の店の 伝統が、今でも息づいています。特産 物は、銅製品、焼き物。

博物館

歴史を通して行われてきた修復工事の情景、(兵器、絵画、彫塑、時計 など)の収集品、250の船舶模型の類稀なコレクション、潮の干満現象の 説明など、観光地の歴史を蘇らせる様々の美術•博物館が市内にあります。