By using our site you agree to the use of cookies. We use them to increase the quality of this site especially for you, they help us understand your needs (help us collect statistics), help our partners deliver the right content displayed on our website. To learn more about the cookies please click here.

cookies
noimage

ホーエンツォレルン城

ホーエンツォレルン城はドイツの最も魅力的な城郭のひとつであり、シュトゥットガルトから数十キロ離れたシュヴァーベン高原の端にあります。城の建築構造 は正に中世の禁欲主義、ゴシック的な神秘主義と新ロマン主義の魅力の有機的な統合であり、全体として有名なノイシュヴァンシュタイン城に似ているでしょ う。この壮大な城郭は標高855mの山頂に建っており、この地方でよく発生する霧に包まれ、幻想的な光景になることも少なくないと言われています。そのよ うなときに、ホーエンツォレルン城は空に浮かんでいるかのように見えることから、地元の人に「天空の城」と呼ばれるようになりました。

城の歴史

ホーエンツォレルン城の長い歴史は中世まで遡り、1061年に「ホーエンツォレルン家」の名が初めて現れます。当時の城の大きさなど、詳しいことが明らか になっていませんが、13世紀の年代記ではシュヴァーベン地方の城の中で最も豪華な城郭として描かれています。1423年に、シュヴァーベン地方の内戦で 10ヶ月にわたり包囲され、完全に破壊されました。その後30年以上をかけて、以前より堅固な物にするために城の要塞化が進み、復元されました。(続きを 読む

城の見学

\ホーエンツォレルン城は山頂に建っているため、シャトルバスが運行しており、運賃は片道1.90ユーロで、往復3.10ユーロとなっています。城の入り口 まで歩いて行くことも可能ですが、曲がりくねった道が続いているため、徒歩が1時間ぐらいかかり、かなりの体力が必要です。しかし、絵のような美しい景色 と、森林に覆われた山の澄み切った空気が安らぎを与えてくれるので、苦労を忘れることができるでしょう。

壮麗なホーエンツォレルン城は観光客の間で極めて人気が高い観光スポットであり、毎年30万人以上の集客を誇っています。城には140の部屋があります が、残念ながら、城内を見学できるのは部屋の一部だけで、ガイドツアー(所要時間45分)に申し込む必要があります。ツアーでは、豪華な大広間を見学し、 美術品と宝飾品のコレクションなどを見ることができます。さらに、宝物館を訪れますが、その中で最も貴重な遺品であるプロセイン王の王冠も展示されてお り、とても印象的です。個人観光客は複数の中庭と古い礼拝堂を自由に見学することができます。見学後には、土産物店に足を運んだり、又はシュヴァーベンア ルプスの眺めを楽しむことができる、居心地の良い喫茶店で休憩したりすることができます。城郭の敷地内にある野外シアターでは、歴史ショーや歌劇など、 様々な芝居が上演されます。8月の暖かい夜には、ホーエンツォレルン城の花火大会が行われ、秋にはタカ狩りのイベントが開催されます。

アクセス

車:シュトゥットガルトから高速道路A8に入り、エンプフィンゲン方面の出口を降りたあと、バーリンゲン方面のW463道路に入り、その後ヘッヒンゲン方面のW27道路でサインに従って城郭まで進みます。
電車:シュトゥットガルト中央駅からヘッヒンゲン駅行き電車は毎日10:16と12:16に発車。駅で300番バスへ乗り換。時刻は時期や祝日により異なります。
ホーエンツォレルン城の開城時間:
3月16日~10月31日・毎日午前10時~午後5時半まで
11月1日~3月15日・毎日午前10時~午後4時まで
12月24日はクローズ、12月31日と1月1日はオープン時間短縮。
シャトルバス:
午前9:30~午後6:30まで(夏季)
午前10:00~午後4:30まで(冬季・平日)
午前10:00~午後5:30まで(冬季・祝休み日)
 

作成:ネイラ・テレホヴァ氏(Neyla Terehova)