By using our site you agree to the use of cookies. We use them to increase the quality of this site especially for you, they help us understand your needs (help us collect statistics), help our partners deliver the right content displayed on our website. To learn more about the cookies please click here.

cookies
noimage

スペインの城

中世の佇まいを覚えつつ、洗練されたグランデ時代の魅力や、かつては数千にも及んだ数多くの歴史的な城郭からスペインを知りましょう。 スペインにおける城塞建築は、主にイスラム王朝支配下にあったこと、またイベリア半島が西ヨーロッパから文化的に分断されていた事に由来するいくつかの特徴を持ち合わせています。 スペインの城塞が持つ、美しいモザイク模様や丸い塔、壁や天井に描かれた幾何学模様や植物をモチーフとした装飾、幾つもの噴水やプール、これらはイスラム王朝時代から受け継がれたものです。 イスラム王朝時代の建築物として最も有名なものは、「グラナダのムーア人の魂」として知られる中世の壮大なアルハンブラ宮殿です。 他にも、ラ・モタ城やベルモンテ城、コカ城やアエカサル城など、短期間ではあったものスペインの黄金世紀に、如何なくその国威を現した城郭も大変興味深いです。 今日多くのスペインの城塞は、単に歴史的建造物や美術館としてだけではなく、古きよき時代の佇まいや有様を観光客に伝えるホテルとしても用いられています。