By using our site you agree to the use of cookies. We use them to increase the quality of this site especially for you, they help us understand your needs (help us collect statistics), help our partners deliver the right content displayed on our website. To learn more about the cookies please click here.

cookies
noimage

ホッホオスターヴィッツ城

ホッホオスターヴィッツ城(ドイツ語:Burg Hochosterwitz)はオーストリアの最も印象的な中世城郭のひとつです。ケルンテン州ザンクト・ゲオルゲン・アム・レングセ市の近くにある高さ175mのドロマイト岩の上に建っています。城の戦略的な位置のおかげで、当時の統治者は谷全体を支配下に置きました。晴天の日には城の塔から30キロ程度まで望むことができます。城郭の建築的な特徴のひとつは、14の城門を備えた、長さ620mの道です。城に至る道がこのように防御されたことによって、ホッホオスターヴィッツ城は一度も征服されたことがありません。

ホッホオスターヴィッツ城の歴史

ホッホオスターヴィッツ城の歴史 は9世紀まで遡り、当時はオスターヴィッツ家のものでした。トルコ軍の頻繁な侵攻から内部を守るために設けられた要塞でした。15世紀になると、神聖ローマ皇帝であったフリードリヒ3世が入城し、15世紀のトルコ軍侵攻の際に、周辺の住民は城郭に避難していました。1541年にゲオルク・フォン・ケーヴェンフューラーが城を賃借し、1571年に購入しました。1586年までは更なる増築作業が続き、現在の形の城ができました。城の所有権は現在までケーヴェンフューラー家のものとなっています。

城門

城までの城門の一覧、その名と完成年:フェーンリヒ門(1580年)、ヴェヒター門(1577年)、ナウ門(1583年)、エンゲルス門(1577年)、レーヴェン門(1577年)、マン門(1578年)、ケーヴェンフューラー門(1580年)、ラントシャフト門(1570年)、ライザー門、ヴァーフェン門(1576年)、マウアー門(1575年)、ブルッケン門、キルヘン門(1578年)とクルマー門(1575年)。

現在城内には城の歴史を物語る博物館があります。ホッホオスターヴィッツ城を訪れる場合は、武器庫と華麗な聖ニコラオス礼拝堂も必見です。 開城時間:毎日午前9時~午後5時まで

来訪者のために、レストランとお土産店が営業しています。

城のホームページ:www.burg-hochosterwitz.com/
住所:Hochosterwitz 1, 9314 Launsdorf, オーストリア