By using our site you agree to the use of cookies. We use them to increase the quality of this site especially for you, they help us understand your needs (help us collect statistics), help our partners deliver the right content displayed on our website. To learn more about the cookies please click here.

cookies
noimage

ウクライナの城と城塞

 ウクライナの文化と伝統は、幾多の時代において、その地に住む人々やその文化を取り入れようとする国々に目に見える形で影響を与えました。その影響を受けた顕著な例として、ポーランドやハンガリー貴族の城、ジェノバの城塞やトルコのハン国の城塞、ロシア公国の要塞などのにしえの建築物があげられます。

 ウクライナにあった数千にのぼる中世の建築物のうち、わずか数百の城や宮殿だけが今も残されています。多くの場所は貴重な歴史的建築物そしてウクライナの歴史的記念碑的な場所とされています。美しさと難攻不落さの二つを併せ持ったポリージャ地方で最も名の知られたカームヤネツィ=ポジーリシクィイ城塞は、スモトリチ川畔の急勾配の街の上にそびえたっています。何世紀にも渡って、ドニエスル川の急流を見つめていた城壁を持つ壮大なホティンの城は、観光客に少なからぬ人気があります。

 これらの有名な城をはじめとしたトランスカルパチにある、チナジヨーヴォの中世の城、ロマンチックなシェーンボルンの宮殿、ムカチェヴォの堅固なパランカ城は、西ウクライナを旅行する人々を楽しませる城郭のほんの一部分にすぎません。