By using our site you agree to the use of cookies. We use them to increase the quality of this site especially for you, they help us understand your needs (help us collect statistics), help our partners deliver the right content displayed on our website. To learn more about the cookies please click here.

cookies
noimage

アランデル城

1067年に築城されたウェスト・サセックス州のアランデル城は、イギリスの完成された最大の城郭のひとつであり、英国で最も魅力的な所のひとつです。

お城を訪れる観光客は、城内自由見学と事前予約見学ツアーから選ぶことができます。武器庫や豪華な摂政書斎、ビクトリア朝の寝室、更に面積約19ヘクタールに及ぶ、息を呑むほどに美しい城庭があり、その中で特に人気を集めているのがCollector Earl’s Gardenという複数受賞歴のある庭です。

アランデル城の歴史

1000年の歴史を持つこの壮大な城郭は、11世紀末にアランデル伯ロジャー・ド・モントゴメリによって築城され、ウェストサセックス州アラン川に臨む素晴らしい高台の上にあります。城の最古の部分は、1068年に作られた空堀からおよそ30mほどの人工的な小山であり、その次に古いが1070年に作られた門です。ヘンリー1世(1068年-1135年)は城を遺言で後妻アデライザ・オブ・ルーヴァンに譲りました。ヘンリー1世死去3年後に、アデライザはウィリアム・ドービニー(ド・アルビニーとも)と再婚し、ウィリアムは石垣を造り、城郭の要塞化を進めました。城の最古の石造部分にかなりの貢献をしたヘンリー2世(1133年-1189年)はウィリアム・ダービニーをアランデル伯に列し、アランデル城に係る権利を全て譲渡しました。多くの

美術に関心のある方には、ヴァン・ダイクやゲインズバラ、カナレット等の絵画、映画とテレビに関心のある方には「ドクター・フー」、「ヴィクトリア女王 世紀の愛」又は「英国万歳」といった映画のセットがお薦めです。

アランデル城壁に囲まれた庭は目に保養になるような光景であり、その中でも特に人気なのが:2008年にプリンス・オブ・ウェールズに開庭されたCollector Earl’s Garden庭、大絶賛を浴びたStumpery、爽やかなHerbaceous Borders(花壇の縁取り)、実用的なOrganic Kitchen Garden(有機栽培のキッチンガーデン)や美しいバラ園です。

アランデル城では、毎年多種多様な年中行事が行われています。ノルマン人と十字軍の戦いをはじめ、反抗者によって包囲された城というイベントなどがあります。世界各地から参加者が集まるトーナメント(馬上槍試合)はその中で最も重要な年中行事のひとつです。

開館:4月1日から11月2日の火曜日~日曜日、祝日の月曜日、8月は月曜日もオープンします。料金は£9から

アランデル城の詳しい情報はwww.arundelcastle.orgをご覧ください。